各撮影スタジオでの画角について(前編)

1号館南西から北東へ28mmレンズの場合 チェリッシュスタジオ1号館

自然光についてお話した次、今度は時々お問い合わせいただく「各撮影スタジオの広さと画角の話」をと思います。

単なる面積・寸法だけならサイトに掲載していまして、それももちろんひとつの参考になるのですが、カメラの面白いところの一つにレンズによる画角の違い、がありますよね。

同じ風景でも使うレンズの焦点距離によって画角が変わり、印象が全く違うという…また、実用面としては「全身が写せるのか」というのも大変重要ですよね。

結論から言って、換算28mm程度(つまり、最も身近なキットレンズ18mmでAPS-C)なら、ほとんどのスタジオのだいたいのアングルでも全身は入ります。
あとは状況次第、例えば複数同時撮影でスタジオの端から端まで使えない、といったことはありますが、ご参考になれば。

画像が多く長くなるのでいくつかの記事に分けますね。

撮影スタジオ1号館の場合

まず撮影スタジオ1号館、下図の赤の矢印のあたりの位置から、トレードマークのような大きな窓、南西から北東にカメラを向けた場合です。

1号館南西から北東へのカメラ位置の図

換算28mmでこちら。天井から床まで十分に入ることがわかるかと思います。

1号館南西から北東へ28mmレンズの場合

 

続いて、換算75mmの場合。ひざ下くらいまでになりそうですね。

1号館南西から北東へ75mmレンズの場合

逆に、北東側から南西側の場合。立ち位置はこちら。

南西から北東のカメラ位置

換算28mmで

換算75mmでこちら。これでもじゅうぶん全体を映し出せますね。

北東から南西へ75mmの場合

 

さらに、短辺側も見てみましょう。

北西から南東のカメラ位置

換算28mmですと足元まで十分に、

北西から南東へ28mmの場合

換算75mmですとさすがに狭くはなりますが、ベンチの横幅は十分。座っていれば膝元くらいまで映し出せそうです。

北西から南東へ75mmの場合

撮影スタジオ2号館の場合

撮影スタジオ2号館はひと部屋めの幅が少々狭めですが、こちらなどご覧いただきイメージしていただければご安心できるのではないかと!

立ち位置はこちらから

2号館ひと部屋め短辺のカメラ位置

ここから換算28mmで…こうです!頭上に余白を開け、カーテン上部の飾りを入れてもひざ下くらいは大丈夫そうですね。人物中心で座ってる状態でしたら足元まででも写せそうです。

一部屋め短辺28mmの場合

対して75mmだと…こう!さすがにちょっと狭いですがグッと迫った感が出て、バストアップには良いのではないでしょうか。

短辺側75mmの場合

そして2部屋めの短辺側、ベッドを映し出す場合です。

2部屋めカメラ位置

換算28mmでこちら!…天井際から床まで、ちょうどくらいですね。ベッド28mmの場合

換算75mmですと、こう!ちょっともたれかかったり、寝姿の上半身なんかにいいですね。

ベッド側75mmの場合

おおお…こうして並べてみると、テキストはまだしも画像情報が思った以上に多くなりました。

撮影スタジオ3号館以降の続きはまた次の記事にて!

とはいえ、まだ足りない方へ

なるほど、撮影時のイメージを考えやすくはなった。でもどうしても肌感覚で実際に見ておきたい!というお気持ち、よーく分かります。

よって、当スタジオではロケハン大歓迎しております。
基本的に平日のみ、土日祝は応相談となりますが、メールあるいはお電話にて、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

みなさまのご来訪、心よりお待ちしております!