各スタジオでの画角について(後編)

チェリッシュスタジオ5号館

さらに続いて、5・6・7号館の場合での画角による見え方の違いです!

5、6号館はお手頃価格でご利用しやすい分、少々こじんまりとしているため、ご心配になる方もいらっしゃるようです。ですがご安心ください、対面同士であればひととおりの撮影が可能となっております。

なお余談ですが著者は以前、幅2m奥行き4mという極小空間で撮影したことがあります。

荷物Aを出すために荷物Bをずらしたりいったん収納しないといけないという、パズルみたいな撮影でしたw

5号館の場合5号館奥側

 

6号館の場合

6号館窓側、28mmの場合 6号館窓側、75mmの場合 6号館壁紙側、28mmの場合 6号館壁紙側、75mmの場合 6号館ベッド側、28mmの場合6号館壁紙側、75mmの場合

7号館の場合

7号館ホリゾント、28mmの場合 7号館小窓側、28mmの場合 7号館小窓側、75mmの場合